<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

再会に誓う!

本籍記載の住民票、写真(普通の更新はいりません)、旧免許を持参し
鼻息荒く、江東試験場の門をくぐりました。

平日の午前中にも関わらず、人が多く、会社員らしき人達もたくさん、

早速、失効窓口へ。

旧免許のコピーを撮る為、提出するのですが、隣の窓口に
会社員風の男性が、suikaを出して、驚かれてました。
係のお姉さんが「に、似てますもんね」と言ってたけど
似てないって…。

同じ時間に手続きしたので、そのお茶目なカレとは、その後も、同じ
経路をたどり、なぜだか、カレが免許用の写真を撮る時の
ぎこちない笑顔までも見届けて、講習も含め、四時間近く側にいる事に
なってしまったのですが、

これも縁?

さて、一時間あまりの講習について。

それぞれの事故のDVDを見させられ、悲しい気分になったところで
講師のアイデアだと思うのですが、質疑応答が!
来るな~!来るな~!と思う時は、必ず、当たってしまうものです。
小校生の時からそうでした。

「右折する時は、どのぐらい前から合図しますか?」
「…わかりません」
「だいたいでいいですよ」
「…わかりません。運転しないので」
「え…」

じゃあ、何しに来たんだよ、お前。と言いたげに、講師は別の人をさし、
30ウン歳にもなって、再度、寂しく情けない小学生の頃の気分を味わいました。

ちなみにカレは、さしてもらいたそうにしてましたが、一度もさされず終わってました。

講習も終わり、苦々しく新免許を受け取ると、ブルーカードとなっており
次回は平成23年。

さらば試験場、また会う日まで。今度は間違えなく優良となって再会しよう!

d0136300_122255.jpg
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-29 00:58

資格剥奪?!

主人が普通免許の更新になかなか行けなくて、今日日曜日
更新に行きました。
昨夜から、書類に貼る写真をデジカメで撮ったり、
印刷したり、住所変更用のはがきを探したり。。。

「全く、どうして前もって準備出来ないかなあ。」
「写真だと?夜中に、面倒くさいなあ。ホラよ!」

と、文句たらたらの私。

やれやれ一段落ついて、見て見て~、私なんかゴールドよ!ホッホッホ~…オオ!
平成20年の一月という文字が金色の地色に光ってるー!
今、四月じゃないか!
し、失効してる~!

「ど、ど、どうしようお!」

今までの主人との立場が逆転。
「なんで気がつかないの?」
「全く珍しいよ。」

やむを得ない理由があれば又違うみたい。
やむを得ない理由とは「刑務所」「入院」等々。
だめだこりゃ。
しかし、かろうじて6ヶ月以内なので
講習のみでokらしい事が判明。
地獄の中の仏とはこの事。
今や、ブレーキとアクセルの違いも分からない私。
再取得なんて無理無理。
もとより免許は、証明書扱いだったんだから。
失効者の講習は、ゴールドでも、一般講習扱い。おまけに住民票必須。

「しゃ、写真取らなくちゃ!」

ホラ見ろと言いたげな主人に頼みこんで写真撮影。
どうせ書類に貼る写真、免許に5年も残るものじゃない。
風呂上がりで、寝間着にターバンタオルのまま直立不動すると。

「ん~、タオルぐらい取ろうよ、本当にソレでいいの?」

と主人に心配されながも、いいの、いいの、早く撮ってくれ。
出来た写真は、水泳教室の帰りの小学生みたい。
いいよ、いいよ、コレで。

さんざんバタバタしたあげく、失効者は平日でないと手続き出来ない事が判明。

あとは住民票、コレは申請カードを持ってるから、近くの機械で取り出せる。
よしよし。

翌朝。。。。

私は今日手続き出来ないけど、住民票ぐらい用意しておくか。
で、娘をおんぶして、近くの申請書交付機へ。
<パスワード入力してください。>
……何だっけ?コレか?アレか?ソレか?

<ロックがかかりました。>
ガーン!

脇の直通電話を取って相談するも、平日区役所に相談してくださいと。
区役所行くなら、そこで、住民票取った方が早いでしょうが!
背中の娘が泣き出した。
母も泣きたい。

こうなったら絶対、明日中に免許ゲットしてやる!
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-27 17:54

チーズスウィートホーム

チーという子猫の漫画。
私のHP表紙でも飼う事にしました。

チーをクリックしたりすると可愛い反応してくれます。
シッポは怒るから気をつけて。

顔の上を行ったりきたりすると追います。
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-26 16:10

祝 入学

お弟子さんが、今年めでたく高校生となりました。
彼女は、近所のごく普通の可愛らしい女の子で
小学6年生の時からお稽古にきていましたが、

今時の子にしては珍しくおっとりした子で、大丈夫かなと
不安になる時もあったぐらい。
そんな子が、早いもので晴れて女子高校生となりました。

学校は九段下というから、なんと懐かしや。

私は市ヶ谷の学校だったけど、九段下は隣駅。

学生でなくなっても、東音会の研修生~同人になり始めまで
九段下の日刊ホールに通いつめた思い出深い土地です。

私の高校時代は、日舞が好きで練習に明け暮れていました。

でも卒業する頃から始めた長唄で、今、過ごしています。
人生って、何が起こるか分からないです。

さて、彼女(K子ちゃん)が稽古場で、他のお弟子さんと話していたのが

「私、ダンバケに入ったんです」
「へ~、ジョバケは無いの?」

私は黙って聞いてましたが、勝手に

「私、ダンスチームに入ったんです」
「へ~、ジョバジョバ(架空のダンス曲)は無いの?」

と訳していましたが、どうも違ったようです。
K子ちゃんは、男子バスケのマネージャーとなりましたと、お弟子さんは、女子バスケのクラブに入れば良かったのと言ってたのでした。

世の中の移ろいは早い。言葉でさえコレですから。

いやはや、とにかくK子ちゃん、たくましく育ってください。
楽しみにしてますぞ。
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-25 00:33

救えなかった

あんまりお天気が良いので、娘を連れて(ベビーカー)近くのデパートまで
行ってみました。

帰り道途中に、やはりベビーカーを引いた若い母親とすれ違いましたが、
気にもとめずにいましたら、すごい勢いで戻ってきて、話しかけられました。

「いくつですか~?」
「30後半です」
「いえ、お子さん」
「え?あ、一歳と、えっと~」
「じゃあ、お姉ちゃんだ!ウチのは6ヶ月です」
「そうですか、か、可愛いですね」

いわゆるママ友というのがいない私にとって、このシチュエーションはびっくり。
聞けば、最近、この近くに越してきたばかりとの事。

何か気の利いた事を話そうと思うのだけれど、思いつかず。
仕方なく、9月に町内の祭がありますよ。
とか。

結局、名前も聞かずサヨナラしたけど。

どうも、子供の話のみをするというのが苦手で。むろん、子供は可愛いんだけど、
照れてしまうというか。

だけど、今にして思えば、余程、彼女は寂しかったんだろうな。と。

もっと積極的に話してあげれば良かったな。

私の周りの子持ち友人(専業主婦)は、たいてい、子供が小さければ小さい程、ハイテンションだ。
たぶん、普段、ろくに睡眠も取れず、自分の時間も取れず、子供につきっきりだから
何のかんの言ってもストレスが溜まってるんだろうなと思う。

しかし、仕事でストレスが溜まっている人の愚痴とは全然違う。
下手すると、他の人が黙って話を聞いているのを良いことに
延々と子供の話をする。
そして、まわりの空気の変化には気が付かない。

軽くノイローゼっぽい。

独身時代、何度もそんな場面に遭遇したので、自分はならないようになろうと思ったもの
だけど。

今は、そんな母親の気持ちも理解出来るようになりました。
私の場合、周りにたくさんの手助けがあって、仕事もやっていられるから
こういうブログも書く時間もあるけれど、人間として未発達の子供の手となり足となり
僕となり毎日を過ごしていたら、軽くノイローゼになるかもしれない。

今日出会った若い母親は、私にもそういう同意を求めにきたのかも。
救いを求めにきたのだと思う。

でも、私はグーダラ母親だから、あんまり救いにはならなかったみたい。

もし今度道で会ったら、もっと、一歳の娘の母親としてのコメントをしよう。

年を聞かれて、自分の年を答えているようでは、失格である。
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-23 20:24

再会

昨晩は、中学生時代からの親友二人と会う事が出来、
語り合いました。
年をとれば取るほど、友が温かく感じます。
私が勝手に忙しくしていたせいで、再会したのは何年ぶりと
いう日でしたが、学生時代と変わらず、花が咲きました。
近況報告だけでも、あっという間の時間が過ぎ。

みんな、それぞれに頑張ってるんだ。元気をもらった。ありがとう!

これからも、よろしくね。

帰り際、友人から「お魚ドーナッツ」なるものを戴きました。
お菓子にもなるし、朝食にもなる一品。
美味しかったです。オススメ。

d0136300_12133926.jpg

[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-20 12:13

曇り

もう月半ばかあ。早いです。
今日は、中休みだから、いろいろ細々と買い物したりする予定。

しかし娘が気持ちよくお昼寝中なので、もう少し待たないと。
雨降らないtいいけれど。

今日は駅前の、ちょっと可愛い花屋さんで、観葉植物を買ってみようかと
思っています。

部屋の片づけをして、思い切ってベッドを排除いたら、出窓空間が空いたので、そこに。

どんなのがいいかなあ。やっぱり幸福の木かな。

育つと嬉しいので、素人でも簡単で丈夫なものを。。。
d0136300_11473313.jpg

[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-16 11:47

鶴亀について

最近、曇りか、雨か。が多い。
春に嵐。
春は、意外とモヤモヤといった曇りが多いのは、古かららしい。
「春はあけぼの」だもんね。

長唄「鶴亀」について

嘉永四(1851)年12月11日
南部侯麻布並木御殿で初演。
作曲杵屋六佐衛門。
歌詞は、能「鶴亀」からきています。
唐の時代、新春に宮廷で四季の節会の事始めが催され、不老門において帝は百官卿相の拝賀をうけ、万民も群集して礼拝する。
拝賀がすむと、嘉例によって鶴亀はその長寿を君に捧げる。最後には、帝みずからも舞楽を舞い奏で、やがて長生殿に還御するという内容。

特に、物語では無いけれど、月宮殿・長生殿・蓬莱山・七宝(金・銀・瑠璃・瑪瑙_)など目出度い素材がつくされている。ここに出てくる帝とは、唐の玄宗皇帝の事。

玄宗皇帝といえば、世界三大美女と称される「楊貴妃」の旦那。
その事には一つも触れていないけれど。

とにかく、皇帝だから、神に近い人だから(と民衆はあがめていた)、それは高貴で品位高く
演奏しなければなりません。

途中、皇帝と大臣とのやり取りがあります。帝は二言、「相聞とは何事ぞ」「ともかくも、はからいそうらえ」と言うのですが、これが又、高貴に言わねばならず。
いかにも帝っぽい台詞です。
私の少ない引き出しには、昭和天皇のイメージが。

日頃、あくせく生活している私が、どれほど近づけるか。。。

d0136300_1431581.jpg

[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-13 14:04

交通

中央線が、停電だかで朝からストップ。
地下鉄も影響で、のろのろ運転。
雨も手伝って、先生宅に行くのに、二時間半もかかってしまった。

いつもなら一時間ちょっとの距離、まあ、それでも遠いのか。

午後は、阿佐ヶ谷区民センターにて、出稽古。

雨は降り続いた。
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-11 09:58

雨降れば

昨夜から、降り続いた雨が今日も。
昨日、そろそろ葉桜になったなあと思って見上げた桜は
きっと、完全に花を落としてしまったろうなあ。
土では無く、コンクリに落ちた一枚一枚の花びらは
それは哀れで。
その時代に生きる私達も、また同じ。
さて、感傷にふけったところで。

今日は午後から、神社の稽古。
[PR]

by fumi-nanasio | 2008-04-08 09:44