<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5/10放送

d0136300_77497.jpg

NHKの録音に行ってきました。

今回は迷うことなく、西口玄関から。

よく見る南口玄関には、スタジオパークなどもあって、入りやすいのですが、ラジオのスタジオまで遠い…。
前回、それで迷いに迷ったので、今回は西口から。

受付で「杵家七汐」と言っても、名前がありませんと言われて焦りましたが、なるほど、今回は「東音斉藤史子」での出演でした。

鳥羽屋里夕先生、岡安喜和先生を筆頭に、巳織さん、美名さん、夏奈子さんと、大好きメンバーです。

曲は「神田祭」「菖蒲浴衣」

5/10(火)FMNHKラジオ「邦楽のひととき」午前11時から放送です。

NHKの人って、なんだか皆、優しい感じがします。

というのも、最近、日本橋のとある区民センターの方の対応(言葉使い)が悪くてケンカ腰になってしまった私。

そういう時の私の口癖「親方日の丸だから!」…いけませんな。

なので、余計にNHKの方の物腰の柔らかさが身にしみました。

ありがとうございます。

いよいよGW です。お出掛け予定の方、お気を付けて楽しんでください。
[PR]

by fumi-nanasio | 2016-04-29 07:07

無事終了

女子東音会を無事、終えることが出来ました。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。

素晴らしいメンバーの中で、没頭することが出来ました。

幸せです〓
[PR]

by fumi-nanasio | 2016-04-29 06:47

桜・演奏会

ついに、桜咲く季節になりました。

ご挨拶にも「桜が綺麗ですね〜」という言葉が混じります。

さて、今月は
4/23(土)女子東音会(後程画像UPします)
にて「賎の苧環」ワキ、「鞍馬山」トメを演奏いたします。

「しずの、おだまき」ですが、たまに「しずの、いもかん?」と言われます。そんな美味しそうな演奏ではありません(笑)

今回は、いみじくも源義経がらみの曲、二曲です。


「賎の苧環」

まず、静御前は、元々「白拍子」という、今でいう、高級クラブのホステスさんでした。しかも、頭が良く、会話も上手な売れっ子でした。
静が雨乞いの舞を舞うと、三日間洪水が起こるようなこともあり「日本一の白拍子」と呼ばれるほどに。

そして、その頃「ヒーロー義経」と知り合い、「ヒーロー」と「日本一」のBIGカップルが誕生〓

しかし、時は流れて、義経は兄頼朝の策略により、都を追われます。
その時に、数ある愛人の中で、静だけが義経に付いていきました。(この時代の愛人はゲスではありません…)

しかし、静は、義経の子供を宿していましたので、だんだん義経一行の逃避行には付いていけなくなり、泣く泣く義経と別れるのですが…

そんな時に、頼朝の妻、政子に「重要参考人」として呼び出されます。

しかし話を聞くのではなく、身分の低い白拍子なのだから、舞を舞えと言われます。
鶴岡八幡宮で、鎌倉バンザイをやれと言うのです。

屈辱です。

その時、舞ったことを記したのが「賎の苧環」

静は、鎌倉バンザイとは、全くかけ離れた、義経を恋慕う舞を歌い踊ります。
また、その中で、暗に、頼朝の事を「あんたなんか、どうせ崩壊するわよ」と皮肉も込めています。

頼朝の顔色は変わり、怒り心頭!
それを見た政子に「女とは、そういうものです。落ち着きなさい」と諭されたと。

静を白拍子として舞わせ、衆人の晒し者にしようとした計画は、見事に崩れ、静の毅然とした態度は見る者に感動を与え、頼朝は怒りを妻に諭されるとい恥態度を晒すことになった…

というお話。


「鞍馬山」

こちらは、ヒーロー義経が、まだ小さい稚児姿の頃。

平清盛に捕らえられ、兄弟バラバラ。
小さい義経(牛若丸)は、お寺に預けられます。

しかし、鞍馬山で天狗(僧正坊)と出合い「お前は源氏の息子である、修行をかさねて、仇を討て」と教えられ、剣修行に励みます。

昼間は勉学、夜は鞍馬山で天狗相手に剣道修行

時に、母を思い涙することもありますが、修行をなさん!と頑張る牛若丸
 
いずれは、天狗に勝ち、いざ都に向かいますが、それはまた別のお話…。


後になりましたが、NHK・FM「邦楽のひととき」で、神田祭、菖蒲浴衣を放送いたします。
放送日は、後日お知らせします♪
[PR]

by fumi-nanasio | 2016-04-02 08:23