5/10放送

d0136300_77497.jpg

NHKの録音に行ってきました。

今回は迷うことなく、西口玄関から。

よく見る南口玄関には、スタジオパークなどもあって、入りやすいのですが、ラジオのスタジオまで遠い…。
前回、それで迷いに迷ったので、今回は西口から。

受付で「杵家七汐」と言っても、名前がありませんと言われて焦りましたが、なるほど、今回は「東音斉藤史子」での出演でした。

鳥羽屋里夕先生、岡安喜和先生を筆頭に、巳織さん、美名さん、夏奈子さんと、大好きメンバーです。

曲は「神田祭」「菖蒲浴衣」

5/10(火)FMNHKラジオ「邦楽のひととき」午前11時から放送です。

NHKの人って、なんだか皆、優しい感じがします。

というのも、最近、日本橋のとある区民センターの方の対応(言葉使い)が悪くてケンカ腰になってしまった私。

そういう時の私の口癖「親方日の丸だから!」…いけませんな。

なので、余計にNHKの方の物腰の柔らかさが身にしみました。

ありがとうございます。

いよいよGW です。お出掛け予定の方、お気を付けて楽しんでください。
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-04-29 07:07

無事終了

女子東音会を無事、終えることが出来ました。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。

素晴らしいメンバーの中で、没頭することが出来ました。

幸せです〓
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-04-29 06:47

桜・演奏会

ついに、桜咲く季節になりました。

ご挨拶にも「桜が綺麗ですね〜」という言葉が混じります。

さて、今月は
4/23(土)女子東音会(後程画像UPします)
にて「賎の苧環」ワキ、「鞍馬山」トメを演奏いたします。

「しずの、おだまき」ですが、たまに「しずの、いもかん?」と言われます。そんな美味しそうな演奏ではありません(笑)

今回は、いみじくも源義経がらみの曲、二曲です。


「賎の苧環」

まず、静御前は、元々「白拍子」という、今でいう、高級クラブのホステスさんでした。しかも、頭が良く、会話も上手な売れっ子でした。
静が雨乞いの舞を舞うと、三日間洪水が起こるようなこともあり「日本一の白拍子」と呼ばれるほどに。

そして、その頃「ヒーロー義経」と知り合い、「ヒーロー」と「日本一」のBIGカップルが誕生〓

しかし、時は流れて、義経は兄頼朝の策略により、都を追われます。
その時に、数ある愛人の中で、静だけが義経に付いていきました。(この時代の愛人はゲスではありません…)

しかし、静は、義経の子供を宿していましたので、だんだん義経一行の逃避行には付いていけなくなり、泣く泣く義経と別れるのですが…

そんな時に、頼朝の妻、政子に「重要参考人」として呼び出されます。

しかし話を聞くのではなく、身分の低い白拍子なのだから、舞を舞えと言われます。
鶴岡八幡宮で、鎌倉バンザイをやれと言うのです。

屈辱です。

その時、舞ったことを記したのが「賎の苧環」

静は、鎌倉バンザイとは、全くかけ離れた、義経を恋慕う舞を歌い踊ります。
また、その中で、暗に、頼朝の事を「あんたなんか、どうせ崩壊するわよ」と皮肉も込めています。

頼朝の顔色は変わり、怒り心頭!
それを見た政子に「女とは、そういうものです。落ち着きなさい」と諭されたと。

静を白拍子として舞わせ、衆人の晒し者にしようとした計画は、見事に崩れ、静の毅然とした態度は見る者に感動を与え、頼朝は怒りを妻に諭されるとい恥態度を晒すことになった…

というお話。


「鞍馬山」

こちらは、ヒーロー義経が、まだ小さい稚児姿の頃。

平清盛に捕らえられ、兄弟バラバラ。
小さい義経(牛若丸)は、お寺に預けられます。

しかし、鞍馬山で天狗(僧正坊)と出合い「お前は源氏の息子である、修行をかさねて、仇を討て」と教えられ、剣修行に励みます。

昼間は勉学、夜は鞍馬山で天狗相手に剣道修行

時に、母を思い涙することもありますが、修行をなさん!と頑張る牛若丸
 
いずれは、天狗に勝ち、いざ都に向かいますが、それはまた別のお話…。


後になりましたが、NHK・FM「邦楽のひととき」で、神田祭、菖蒲浴衣を放送いたします。
放送日は、後日お知らせします♪
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-04-02 08:23

明日は新年会

d0136300_1501487.jpg

毎年恒例、千しほ会*桂会の新年会が、明日正午より。
今年は「紫山会館」にて催されます。

昨日、下ざらいを終えましたが、今年はハプニングも結構ありまして。

桂会メンバーの浅見さんが、流行中のインフルエンザにかかってしまい休演…。
新年会のために、頑張ってきたのにー!11月の記念の会にリベンジです。

そして、いつもタテ唄をお願いしている圓井先生が体調不良でご辞退。

なんとー!

と言うことは、唄は、紫乃さん、守屋さん、私の三人。
が、が、がんばります。

下ざらいを終えて、様子はわかったものの、ミスを重ねてしまい、ションボリ。

自分で稽古している曲と、舞台にかけて、何度も演奏している曲とでは、体の入りかたが違います。
こういう時に、出てしまいます。

現場で学んで、叩き上げられて行く。

やっぱり職人なんだなと思います。

泣き言を言っていても、前進しませんので、やるだけの事をやろう!
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-02-06 15:00

女流名家演奏会

d0136300_15183173.jpg

昨日、無事に女流名家演奏会を終えました。
杵家定番メンバーと言って良い方々と、心おきなく、演奏に集中させて頂きました。

今年の三越は、天気も良く、お客様も、沢山きてくださいました。

いつも、私達と同じぐらいに楽屋に入られる家元が待てど暮らせどお着きになられず。

もう、次が出番という時に楽屋に駆け込んでいらっしゃいました。

「駐車場が混んで、どうしようかと思った、皆に電話したけど、誰も出なくて!」って

あ、ほんとだ、家元から着信してる…。
気がつかなかった。
すいません。

今年最初の演奏会、まずは、滞りなく、前進!

ありがとうございました♪
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-02-01 15:18

長唄女子東音会小公演

d0136300_9134277.jpg

d0136300_9134261.jpg

今年の小公演は、大原女(おはらめ)三枚目、新曲浦島ワキにて、出演いたします。

2月27日(土)午後1時半開演
日本橋公会堂(日本橋劇場)
全席自由3000円

小公演は、女子東音会の中堅の演奏会。
迫力ある燃える闘魂の女性達の演奏を、お楽しみに下さい♪
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-01-27 09:13

下ざらい

d0136300_9115423.jpg

女流名家演奏会の下ざらいで、杵家会館に向かっています。

今日は、大寒波が来ていると、めい一杯脅かされて来てますので、見た目がダルマのようです。

確かに、寒い。
寒っ!と口に出してしまうぐらいです。

昨夜、タテ三味線の弥七東生さんから電話があり、話し合って、下ざらいと言えども洋服にしましょうと、決めたので正直助かりました。

長唄協会の下ざらいは、大雪でも着物です。

なぜって、下ざらいは、本番と同じだから。本番は、雪でも着物ですものね。

でも〜。風邪をひいたり、三味線が破けたら元も子も無いですよね。
最近は、お浚い会の下ざらいなど、天候関係なく、洋服でというところも沢山出てきました。
まあ、効率的だと思います。

どっちが良いのか、今の私には判断出来ません。

が、、助かった〜!と、思ってしまいます。

下ざらい後、自宅にお弟子さんが来るので、とんぼ返りですが、雨雪、ひどくならないよう祈ります
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-01-23 09:11

雛人形

d0136300_109030.jpg

d0136300_10902.jpg

早めですが、娘二人の雛人形を飾りました〜!

向かって左の親王飾りは、長女。
右の15人飾りは次女。

親王飾りは、顔はもちろん、着物にもこだわり。
15人飾りは、小降りでも良いので、全員揃ったものが欲しかったのです。

意外と知らない雛人形…

三人官女…お世話係。真ん中の女性は既婚(お歯黒、眉なし)さすがに怖いのか、お人形だと、眉なしではなく、眉が青かったりしてる。

随身…右大臣(若い)、左大臣(髭の年上)本来なら、ご意見番のような人なので、位は高いのですが、雛人形は、天皇皇后の結婚式を模していて、そのボディーガードの役割ということで、四段目に控えているとか。
「赤いお顔の右大臣〜♪」と歌いますが、左大臣の方が赤いかも。

仕丁…一番知られてないこの人達は、雑事をこなします。裏方プロフェッショナル。
靴を持っている人、雨避けの傘を持つ人、日傘を持っている人

この三人、熊手、ちりとりなどの掃除道具を持っている時もあるとか

怒り上戸、泣き上戸、笑い上戸とも言われ、興味深いのは、この三人、短気な若年、悲観的になりがちな中年、そして全てを乗り越えて円満に至る老年という人生模様をも表しているそうです。

うーむ、深い

雛人形の中で三人だけ庶民。なんだか、親近感感じるわ〜
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-01-22 10:09

申年到来

皆々様、今年も、よろしくお願いいたします。

申年は、とっても気忙しい年なのだそうです。

翌日にやり残すことなく、事を終えても、翌日、また、色々なことに追われるらしい。

はい…確かに、既にその兆しが見えています。毎年思うことですが、これも体力が勝負。

健康一番でがんばりましょう!

1月31日(日)女流名家演奏会がございます。お陰さまで、手元のチケットは完売しております。
ご入り用の方は、若干数、杵家会館にて扱ってございますので、ご連絡くださいませ♪
[PR]

# by fumi-nanasio | 2016-01-22 09:26

演奏会のお知らせ

d0136300_18284120.jpg

d0136300_18284157.jpg

2015年11月28日(土)
第一部12:00開演 第二部15:30開演
国立劇場小劇場
[PR]

# by fumi-nanasio | 2015-11-28 18:28